voyage

2011/07/27

"Is Paris over ?"

Yes, it is.

巴里では,向こうに長く住む旧い友人夫婦に夜の街を案内していただきました。
Epsn1218
Epsn1223EPSON R-D1 Voigtländer NOKTON classic 35mm f1.4mm, ISO 200

巴里好きの方,いまも巴里に住む私の大切な友人たち,気を悪くしないでください。非常に個人的且つノスタルジックな感想ですので黙殺してください。
しかし,1988年から1995年までの約7年住んだ僕の巴里は,終わりました。

不健康そうで不良に見えるのは僕たちより上の世代のひとばかりで,若い人たちは煙草も吸わず酒も飲まずに,夜の大騒ぎもうんと減っています。
なによりも自転車が増えて自転車走行用の道路が整備され,スーツを着た人たちが自転車通勤。健康とエコのためとはいうけれど,花の都,巴里がそんなんではいけません。

2011年7月27日,出張から帰ったばかりのの感想文でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/22

「ただいま長期出張中」

久しぶりの長期出張です。
12日に日本を発ち,パリ経由でブカレストに行き会議と研修,その後またパリに入ってまた研修があり,今度はデュッセルドルフでまた会議です。

こちらは久しぶりの海外写真。ブカレストで撮ったスナップです。
Epsn1180EPSON R-D1 Voigtländer NOKTON classic 35mm f1.4mm, ISO 200

ブカレストは野良犬が多い街でしたが,なんとなくそれも愛嬌がありました。

あと,白ワインをガス入りのミネラルで飲むのにびっくりしました。
試しましたがそう悪くはありませんでした。


明日(日本時間の今日),ドイツの本社で打ち合わせをして,その後またパリに戻り,やっと月曜夜のフライトで帰還できます。
妻と猫たちに会うのが楽しみです。

そういえば,妻が僕の誕生日にカメラを買ってくれたみたいです(というか,OLYMPUS PEN Lite E-PL1をねだりました)。こちらも楽しみです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/07/05

「アジアの純真」

1月の台湾旅行の際に携行したハーフサイズのカメラ,Canon demi EE17のフィルムをやっと撮り終え現像すると既に懐かしい画像が・・・。

台北は1月初旬には15-17度ぐらいの気候でした。
花も熱帯っぽい。
Canon demi EE17, SM30mm f1.7, FUJI SP100(業務用)
32580004 32580005

この写真の注目すべきところは,歩行者用信号に「青」の残り時間が表示されることと,その時の信号の歩行者デザインが歩いているところから急いでいる姿に変わることでしょうか。
32580008 32580009_2


有名な話ですが,台湾では非常口の「逃げろ!」みたいな表示もこんなんでなかなか真に迫っています。
Hijyoguchi

妻はアジアファンなので,今年は夏休みを9月にとってバリ島に行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/30

「台北 龍山寺」のそば

台北旅行中に観光したのは,中正記念堂と龍山寺でした。
あとは食べるのみ。すみません。

「台北車站」と書く台北駅真ん前の僕たちのホテルから頑張って歩いて「龍山寺」まで行ったのは,胡椒餅が食べたかったからです。
Img_0339 Img_0342

台湾旅行から帰ってはや3週間。
妻はやはり,「台湾に『帰りたい』」と懐かしがっています。

妻の身体に流れる何分の一かの中華の血が騒ぐのでしょうか?
それとも小籠包の湯気が妻を誘うのでしょうか?
それともそれとも大腸麺線が妻のハートを絡め取ってしまうのか?
それともそれともそれとも,広東ダック


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/24

"Night market in Taipei"

台湾旅行に行った妻と僕ですが,今回も妻が旅程を作ってくれました。
2泊3日の台北の2泊目の夜,「士林夜市」に行く予定をしてその通りに出かけた僕たちでしたが,余りの人の多さにびっくりし,人混みの嫌いな僕たち夫婦はそのひといきれにうんざりし,すごすごと引き上げたのでございました。

iPhone 4
Img_0391

人混みが嫌いなところ,
行列が苦手なところ,
お酒が飲めないところが嫌いなところ,
臭いのが苦手なところ,

などなど,妻が苦手なところは僕も苦手です。

こんな所も,僕と妻の重要な共通点かも知れません。

旅をすると相手のことがよく分かると言いますが,旅をする度に妻と僕の共通したところを発見出来て嬉しいです。
もちろん,男として,または夫として,渡航先では妻をリードするように努めていますが,旅行を妻が楽しんでいると感じる時,僕も楽しくなるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/20

"CUB in Taipei"

台北でもカブを見かけました。
それはそれは立派でリッチなカスタムカブでございました。
Img_0408
iPhone 4

台湾はバイクの国です。
ベトナムやタイと同じくらいバイク天国です。

前に台湾を訪れたのは2001年の夏,8月の暑い時期でございました。
あのころと違うのは;
1) みなさんヘルメットを被ってらっしゃる
2) バイク天国ながら,車も増えていた
3) バイクがみすぼらしくなかった
といったところでしょうか。

あとは,街の空気の改善に伴う粉塵の減少か,色とりどりの工夫でお洒落を主張していたタイワニーズなマスクをそんなに見ませんでした。

10年前に訪れたことがあり,また妻がアジアかつアジア料理フリークなので一昨年の香港に続き台湾に来ましたが,ついこないだ「望郷の道」を読んだせいか,複雑な事情があるにせよ,台湾には親しみが沸いたのでした。

次はシンガポールかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/10

「羽田は近所」

ここ大田区の多摩川沿いに越してきて4年が経ちました。
高齢者が多く変化がゆったりとしたこの界隈ですが,僕たちが住み着いてからのこの短い間にも変化はあり,羽田空港の国際化(正確には国際線の拡大)はそのひとつでしょう。
こないだまでは国際線ターミナルの建設工事を横目に時々バイクで飛行機を見に行くのが楽しみでしたが,ついにこのたび羽田を利用してみました。

台湾です。2泊3日です。

たいした観光もせずに食い道楽の我々夫婦には充分なスケジュールでした。
発ったのが羽田なら着いたのも国内線がメインの台北の松山機場(空港)で,朝7時に羽田を発って台北に10時(現地時間)着です。帰路は台北を18時15分に出発し羽田に21時55分着でした。
現地に着いた日のランチから最終日のランチまでの7回分の食事の計画を立てた妻の熱意(=執念?)に感謝します。


あー,でもお寺参りとかもしたんですよ。
ここ(↓)は台北最大のパワースポット龍山寺近くの市場のような場所です。
Img_0340 Img_0377
iPhone 4

「鬍鬚張魯肉飯」という台湾でチェーン展開している(日本にもあったらしい)お店で食べたお昼ご飯のお勘定合計, ふたりでなんと 155NTD (=約450日本円)でした。

台湾には10年前の夏に仕事で2ヶ月ほど行ったことがあるのですが,松山機場は高雄に行く時に利用しただけで,多分その時からはかなり新しくなっていたように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/30

"off line meeting"

義父が抽選で当たったという「ぷらら」の主催する東京湾クルーズ「シンフォニー」での公式オフ会に参加しました。生憎の雨で船が出ないと思われましたが,300余人を乗せたクルーズは欠航にはナラズ決行で,雨の東京湾もなかなか結構なものでした。

iPhone 3GS
Img_0099
雨に煙る港の景色も良いものです。

外に出て海風に当たりながらのクルーズならなお良かったことでしょう。
Img_0090

それにしても冷えました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/08/16

She is homesick for Thailand

妻はまだタイが恋しいみたいです。
タイへ旅行したのはもう2ヶ月も前なのに。
先週も夕食のメニューにタイ料理がありました。
美味しゅうございました。

確かに,今のジャパンの暑さだったら,いっそのことタイランドで汗をかきながらのバカンスを過ごしたいものです。

86320010 86320009
Canon demi EE17, SM30mm f1.7, AGFA ULTRA100


タイの写真を見て思いました。
タクシーもカラフルだなぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/12

"50% of optimization makes 2 times of opportunities"

夏場は暑いし湿気があるし,身体にもカメラにもレンズにも良くないので,高価で貴重なカメラではなく,扱いに気楽でお手軽なカメラをついつい手にしてしまいます。

6月のタイ旅行の時にもサブカメラとして持参しましたが,暑さが本格化してからもずっとこの Canon demi をよく持ち歩いています。
36枚撮りフィルムで72カット以上撮れるので,「6月のタイ旅行」と「7月の浅草どぜうツアー」と先週の「海上自衛隊護衛艦試乗ツアー」でも1本のフィルムが終わらず,我が家で猫と妻を撮ったりします。

で,これは浅草ツアーの時に涼もうと思って入った喫茶店でワインを飲んだ時のものです。
86320018 86320023
Canon demi EE17, SM30mm f1.7, AGFA ULTRA100

昔からありそうな喫茶店でしたが,ちゃんと冷えたグラスとワインクーラーに入ったボトルで呑ませていただきました。

f値 1.7のレンズとは外も屋内も綺麗に撮ってくれるので重宝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

about camera & photography | about me | ASAHI PENTAX 6x7 | ASAHI PENTAX SPOTMATIC | ASAHI PENTAX SPOTMATIC F | BOLSEY MODEL C | Canon AE-1 | Canon Canonet | Canon Canonet QL17 | Canon demi EE17 | Canon EOS Kiss X2 | Canon L2 | Diana+ | docomo PRO series BlackBerry® BoldTM | EPSON R-D1 | FOMA SIMPURE N N600i | FUJI FILM X100s | FUJIFILM CARDIA mini TIARA | FUJIFILM FinePix F401 | FUJIFILM NATURA CLASSICA | HASSELBLAD 503CX | HOLGA 120 | HOLGA 135 | HONDA Super CUB 90 DX | iPhone 3GS | iPhone 4 | iPhone 4S | iPhone 6 | journal | KIEV (Киев) 4a type2 | KMZ ZORKI-3M | KONICA C35 | KONICA ELECTRON | Konica HEXAR | Konica HEXAR RF | KYOCERA CONTAX G1 | KYOCERA CONTAX T | KYOCERA CONTAX T3 | L/M mount lenses | LEICA CL | Leica II (DII) | Leica IIf | Leica M2 | LEICA M6 | LEICA mini | LOMO (ЛОМО) LC-A | LOMO (ЛОМО) LUBITEL 166 UNIVERSAL | LOMO (ЛОМО) SMENA 8M | LOMO fisheye | love cats | M42 screw mount lenses | Mamiya New Mamiya 6 | meopta flexaret automat VI | minolta A5 | Minolta AUTOCORD L | MINOLTA DiMAGE X20 | minolta HI-MATIC 7 | minolta SR-7 | minolta SR-T101 | Nikon 28Ti | Nikon AF600 QD - Nikon mini | Nikon COOLPIX L18 | Nikon D40 | Nikon EM | Nikon F2 | Nikon FM | Nikon FM10 | Nikon S2 | Nikon ZOOM 500AF QD | O.P.L. FOCA sport I 3.5 | OLYMPUS OM-1 | OLYMPUS PEN | OLYMPUS PEN E-PL1 | OLYMPUS PEN-EE | OLYMPUS PEN-FT | OLYMPUS TRIP 35 | PENTACON six TL | PENTAX ESPiO mini | PENTAX zoom 70-R | Petri 35 F2 | RICOH XR500 AUTO | ROLLEICORD IV | ROLLEIFLEX 2.8F | Rolleiflex Standard | SEAGULL 4A-105 | Sports 35 | Vivitar ULTRA WIDE&SLIM | Voigtländer BESSA-L | Voigtländer BESSA-R | Voigtländer BESSA-R2C | Voigtländer BESSA-T | voyage | YASHICA ELECTRO 35GX | YASHICA minister | Yashicaflex C | Zeiss Ikon Contax D | Zeiss Ikon Contax II | Zeiss Ikon Contax IIa