iPhone 4

2012/01/12

「今年の抱負 - 2012」

Img_1208
iPhone 4
新聞紙は暖かいのでしょう。

なぜiPhone を使っているかというと,90年代前半からのMacユーザーだということもあるけれども,それにも増してスマホ以前からのPDAマニアだったからだと思います。
思い出すと最初はSHARPのZaurusでした(それ以前はシステム手帳)。既にこの頃には携帯につないでE-Mail送れてましたね。なにしろあの当時の携帯メールは文字数制限があって,今となってはポケベルの延長だったような気がします。
その後秋葉原で見つけたROYALのdaVinciに小型化したのですがその後の発展が見込めずPalmに乗り換え,日本でのPalmのサポートがなくなる前にSONYのClieにチェンジ。Palm OSと端末はなかなか使い勝手が良く,会社のPCにクレードル経由でつないでいたのが誇らしかった(子供っぽいですね)です。
その後 iPhoneデビューして今に至ります。

現在は私用のiPhone 4と会社支給のBlackberry(Bold 9780)の2丁拳銃(古い?)でございます。

32歳だった僕がZaurusを最初のPDAとして持った1994年から早18年。
歳を重ねるのも早いが技術の進歩も本当に早いものです。

技術の進歩についていけなくなると知力が弱くなるような気がします。一方で,いろいろなものが便利になってくると体力が落ちてくるような気がします。

遅まきながら,今年の抱負は「若返り」にし,体力の増強と体質改善に努めたいと思っています(今年もか?)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/01/10

"Country boy"

Img_0286
iPhone 4

実家に帰るのはせいぜい年に2度ぐらい,盆と正月になってしまいました。
昔は何の疑問も持たずに毎日乗っていた名鉄電車の車体の「赤」がまぶしく感じます。電車と言えば赤色でした。


故郷で暮らしたのは高校卒業までの18年と大学卒業後に就職して3年ぐらいの合計20年余。今となっては故郷以外の土地で暮らした時間の方が長くなってしまいました。

が,いまだにかすかな訛り (?)はあるらしく,東京生まれの妻に時々アクセントを指摘されます。

完全なシティボーイに生まれ変わったと思っていたのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/23

「ひとり反省会」

Img_1171
iPhone 4

先日,ちょっとしたことがあり一人で多摩川沿いを歩きました。
陽が短くなった多摩川の,夕暮れが川面に映った景色にしみじみしながら,「もっと一日一日,一秒一瞬を大事に生きなければいけない」と自らを戒めたのでした。

"Life is short"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/12

「12月はフェスティバル」

12月は師走とかクリスマスとかもありますが妻の誕生月であるため,フェスティバルでカーニバルな時期です。

今夜は私が料理を用意して,妻の誕生日を祝いました。
メニューは豚の肩ロース肉(ふたりで600gm)の赤ワイン煮で,繊細な技よりも煮込む時間で出来上がるこの料理は無難に美味しく仕上がります。
PhotoiPhone 4 + Format126

豚肉に焼き色を付けた後にいったん上げ,タマネギ,セロリ,大蒜を炒めてから混ぜて赤ワインをどばっ,どばっ,と投入し,あとはコトコト煮込むだけ。途中このトマト缶を一缶丸ごと足し,ブイヨンやローリエなどを入れてなんとなく良い匂いがしてきたら後はひたすら煮込みます。

さてこのトマト缶,上下が違っていて不思議なので撮りました。一缶69円なので仕方ありません。

後ろをBBがなめています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/24

「僕の年金は何歳に支給されるのだろうか」

こないだの週末は,妻の両親と代官山のフレンチで食事をしました。お義父さまの定年のお祝いでございます。
テーブルに来て流ちょうな日本語で「ワタシ昭和19年ウマレ」というフランス人シェフが昭和18年生まれのお義父さまに「オメデトウ」と言って始まったランチは非常に和やかに進み,このレストランでお祝いしようと言った妻も満足のようでした。

僕は前菜にキジ肉のテリーヌをいただき,
1
妻はイワシのなんとかを頼み,お義父さまとお義母さまにはエスカルゴのフリカッセを楽しんでいただきました。

主菜には和牛フィレ肉の暖炉焼きのステーキをお義父さまと発注し,
2

お義母さまはサーモン。妻は骨付き仔羊のローストという一番ジビエなものを食していました。
3

前菜と主菜の他に,このレストランのシェフの出身地,フランスの南西部ラングドック地方の名物料理のカスレ(cassoulet)をいただきました。お薦めです。

お元気な妻の両親ですが,末永く仲良くしていただきたいものです。

僕たちも頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/19

「普段使いの靴」

妻も僕も靴が大好きです。
妻は,今まさしくネットで靴やブーツを探索しているくらいです。

最近買ったのはこのヴァンプローファーで,BassのLEWISというもの。
Bass
iPhone 4
色はバーガンディー。

ここ最近ヘヴィーローテーションで履き潰してしまった同じくバーガンディーのBass のLOGAN というごくプレーンなペニーローファーをネットで注文したところが間違って送られてきたのでした。
まぁこれも欲しかったものなので怒りもせず,そのまま交換せずにいただくことにしました。

この歳になってしまえばBassなんかではなく,J.M.Weston かAldenなんかを履きたいところですが,最近のよそ行きの靴はフェラガモが控えているので,普段履きにはBassぐらいが気を遣わなくて良いのです。それに磨けば光るし。

明日は妻のご両親と代官山でお食事です。
よそ行きの靴を履いていくことにいたしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/12

意思決定の大切さ。

めっきり寒くなりましたが,10月17日からブログの更新がないことに気付きました。
バリ島旅行の報告以来です。

9月のバリ島に続き,10月は北海道に行って参りました。
といっても既に2週間が経過。

早朝に家を出て羽田に向かい,新千歳に着いたらすぐに札幌を通り過ぎ,小樽へ参りました。
11時過ぎに行列が出来るとの評判の回転寿司に潜り込み,こちらではなかなか食べられないネタをいただきました。

で,札幌の運河沿いで撮影。
Otaru OLYMPUS PEN E-PL1, M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6

その後札幌に戻りホテルにチェックイン。
晩ご飯も早めに探索し,これまた行列店のジンギスカン鍋を待たずにいただき(入った途端に行列ができました)ました。

その後ラーメンもハシゴしましたが,ここもタイミング良く行列なし。

早めの行動と迅速な決断が大切だと感じた旅行でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/17

"Man shall not live by bread alone"

ご飯が大好きな夫婦なので,ご飯を食べながら「次に何を喰らおうか」という相談をしたりします。
「ご飯」の計画について議論する時間が私たち夫婦の時間の大半を占めていると言っても過言ではないでしょう。
そんな私たちですから評価は厳しく,バリのご飯は今までの海外ご飯の中では順位が低かったりします。

バリ島では,妻はナシゴレンかミゴレンを食べていました。
「ソトアヤム(鶏のスープ)」が妻のお目当てで,これを何度もトライしていました。
幸せそうでしたが,なにかを追求しているようにも見えました。
Img_0938

私は海の幸をいただいたりしましたが,も少し香辛料が利いていればよいのに,と思っていました。妻のナシゴレンの何倍かの値段がするのに。

で,帰ってから2週間目の週末。丸の内の "PAUL" でフレンチなブランチをいただきました。
Img_0992
あー,フランスかぶれなんだね,僕。

iPhone 4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/12

"It's so Friday Friday Chinatown"

泰葉の歌のタイトルですが,今日は金曜日,そし中華街。
妻とデート(食べ歩き ?) を楽しんでまいりました。

写真は全て iPhome 4
Img_0907
妻はお粥が死ぬほど大好きです。

今日のデートは正解でした。
BBにそっくりの猫もいて,妻も満足でした(我が家のBBは妻にはなつかない)。
Img_0903 Img_0905 Img_0909
妻は死ぬほどお粥が大好きです。

ピータンが入ったお粥が死ぬほど大好きです。
このピータン入りお粥の前のお店でもピータン単品で美味しそうに食べてたのに。


体育系の人たちでさえ熱射病で倒れるほどのうだるような暑さの今日,僕たちはじっと15時過ぎまで昼寝などしつつ涼みながら体力を温存し,17時過ぎに中華街でゴージャスな食事をすることに全力を注ぎ,山下町の菜香新館(サイコウシンカン)に潜り込んだのでした。

その後,妻が大好きなお粥の美味しい中華料理店にハシゴし,いつものように
「どーしてこんなにお腹いっぱいになるまで食べてしまうのでしょうか ?」
という,いつもの疑問を二人で抱えながら帰ってきたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/06/26

「酒と泪と男と猫」

日本酒の一升瓶が似合う猫,BB。

Img_0475
iPhone 4

妻も日本酒が好きですが「剣菱」はそれほど好みではないようです。

にゃぁあー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

about camera & photography | about me | ASAHI PENTAX 6x7 | ASAHI PENTAX SPOTMATIC | ASAHI PENTAX SPOTMATIC F | BOLSEY MODEL C | Canon AE-1 | Canon Canonet | Canon Canonet QL17 | Canon demi EE17 | Canon EOS Kiss X2 | Canon L2 | Diana+ | docomo PRO series BlackBerry® BoldTM | EPSON R-D1 | FOMA SIMPURE N N600i | FUJI FILM X100s | FUJIFILM CARDIA mini TIARA | FUJIFILM FinePix F401 | FUJIFILM NATURA CLASSICA | HASSELBLAD 503CX | HOLGA 120 | HOLGA 135 | HONDA Super CUB 90 DX | iPhone 3GS | iPhone 4 | iPhone 4S | iPhone 6 | journal | KIEV (Киев) 4a type2 | KMZ ZORKI-3M | KONICA C35 | KONICA ELECTRON | Konica HEXAR | Konica HEXAR RF | KYOCERA CONTAX G1 | KYOCERA CONTAX T | KYOCERA CONTAX T3 | L/M mount lenses | LEICA CL | Leica II (DII) | Leica IIf | Leica M2 | LEICA M6 | LEICA mini | LOMO (ЛОМО) LC-A | LOMO (ЛОМО) LUBITEL 166 UNIVERSAL | LOMO (ЛОМО) SMENA 8M | LOMO fisheye | love cats | M42 screw mount lenses | Mamiya New Mamiya 6 | meopta flexaret automat VI | minolta A5 | Minolta AUTOCORD L | MINOLTA DiMAGE X20 | minolta HI-MATIC 7 | minolta SR-7 | minolta SR-T101 | Nikon 28Ti | Nikon AF600 QD - Nikon mini | Nikon COOLPIX L18 | Nikon D40 | Nikon EM | Nikon F2 | Nikon FM | Nikon FM10 | Nikon S2 | Nikon ZOOM 500AF QD | O.P.L. FOCA sport I 3.5 | OLYMPUS OM-1 | OLYMPUS PEN | OLYMPUS PEN E-PL1 | OLYMPUS PEN-EE | OLYMPUS PEN-FT | OLYMPUS TRIP 35 | PENTACON six TL | PENTAX ESPiO mini | PENTAX zoom 70-R | Petri 35 F2 | RICOH XR500 AUTO | ROLLEICORD IV | ROLLEIFLEX 2.8F | Rolleiflex Standard | SEAGULL 4A-105 | Sports 35 | Vivitar ULTRA WIDE&SLIM | Voigtländer BESSA-L | Voigtländer BESSA-R | Voigtländer BESSA-R2C | Voigtländer BESSA-T | voyage | YASHICA ELECTRO 35GX | YASHICA minister | Yashicaflex C | Zeiss Ikon Contax D | Zeiss Ikon Contax II | Zeiss Ikon Contax IIa