« 「どぜう - 猫」 | トップページ | 「我々は猫である」 »

2011/05/21

「主従関係」

我が家には猫が2匹しかいませんが,それでも派閥は出来ます。が,だからこそ,猫2匹も含めて「家族」のような気がします。

牝猫のBBは私派で,夜には私の股ぐらに潜り込み,グルグル唸りながら私の鼠蹊部を前足で擦り続けます。
BBは僕のことが好きみたいですが,妻と同じく気まぐれで怒りっぽいです。
Img_0571

♂の黒猫ゲンスは妻派で,いつも妻のそばで寝ています。
妻のことが大好きみたいですが,僕のように小心者で妻の機嫌にびくびくしているような気がしないでもありません。
Img_0627

週末に散歩をした時などに少々不細工でも白色人種の猫を見かけると,ウクライナの中の上な女子を見たような気になり,ついつい
「あー,うちにいないタイプだね。欲しいね」
などと言ってしまい,妻に叱られます。
Img_0622

被災地のペットと,被災地の野良猫,地域猫が気になってしまい,何が出来るかを考えてしまいます。

|

« 「どぜう - 猫」 | トップページ | 「我々は猫である」 »

about me」カテゴリの記事

iPhone 4」カテゴリの記事

journal」カテゴリの記事

コメント

里親になるのが一番と思いますsign03
頑張って下さいshine応援していますpunch

投稿: その子の母 | 2011/05/22 20:46

うちの猫はヨメ寄りですが、私が一方的に何か怒られている時に「にゃあ・・」と助けに入ってくれることがあります。

投稿: nezumineko | 2011/05/23 18:12

その子の母さん,
有り難うございます。
里親・・・,マンションじゃぁ限界がありますが頑張ってみようかとも思います。

nezuminekoさん,
私も一方的に怒られること多ですが,そんな時の猫たちは見えないところに避難してらっしゃいます。
何故?

投稿: ヨシヲ | 2011/05/23 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1085322/40077106

この記事へのトラックバック一覧です: 「主従関係」:

« 「どぜう - 猫」 | トップページ | 「我々は猫である」 »