« 「新年の誓いは永遠に」 | トップページ | "CUB in Taipei" »

2011/01/10

「羽田は近所」

ここ大田区の多摩川沿いに越してきて4年が経ちました。
高齢者が多く変化がゆったりとしたこの界隈ですが,僕たちが住み着いてからのこの短い間にも変化はあり,羽田空港の国際化(正確には国際線の拡大)はそのひとつでしょう。
こないだまでは国際線ターミナルの建設工事を横目に時々バイクで飛行機を見に行くのが楽しみでしたが,ついにこのたび羽田を利用してみました。

台湾です。2泊3日です。

たいした観光もせずに食い道楽の我々夫婦には充分なスケジュールでした。
発ったのが羽田なら着いたのも国内線がメインの台北の松山機場(空港)で,朝7時に羽田を発って台北に10時(現地時間)着です。帰路は台北を18時15分に出発し羽田に21時55分着でした。
現地に着いた日のランチから最終日のランチまでの7回分の食事の計画を立てた妻の熱意(=執念?)に感謝します。


あー,でもお寺参りとかもしたんですよ。
ここ(↓)は台北最大のパワースポット龍山寺近くの市場のような場所です。
Img_0340 Img_0377
iPhone 4

「鬍鬚張魯肉飯」という台湾でチェーン展開している(日本にもあったらしい)お店で食べたお昼ご飯のお勘定合計, ふたりでなんと 155NTD (=約450日本円)でした。

台湾には10年前の夏に仕事で2ヶ月ほど行ったことがあるのですが,松山機場は高雄に行く時に利用しただけで,多分その時からはかなり新しくなっていたように思います。

|

« 「新年の誓いは永遠に」 | トップページ | "CUB in Taipei" »

iPhone 4」カテゴリの記事

journal」カテゴリの記事

voyage」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1085322/38418998

この記事へのトラックバック一覧です: 「羽田は近所」:

« 「新年の誓いは永遠に」 | トップページ | "CUB in Taipei" »