« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010/12/30

"Bonne fin d'année !"

時候の挨拶というのは難しいものですが,なかなか味わい深いものでもあります。
ちなみに私が勤めるのはドイツの会社なのですが,クリスマスを過ぎるとドイツの本社にはぱったりと人がいません。ですが彼らは,新年は2日から平常通りにオフィスに行きます。日本は4日まで休みなのですが。
なんか,ドイツ人にクリスマスぐらいから年末に先に休まれて,正月明けに奴らが仕事をもう既に始めていて,
「あー,すみませんねぇ,休ませていただいて」
みたいな気持ちになるのですが,少し理不尽な気がします。

クリスマスには妻とプレゼント交換をしました。
Img_0247

この一週間,シャンパンをいっぱい飲みました。
Img_0246
iPhone 4 + MoreLomo

昨夜は妻の友人が遊びに来て一泊しました。
妻が凄く楽しそうで,僕も幸せな気持ちになりました。

明日は妻の実家の青梅に行きます。

今年も幸せでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/25

「オレのマグナム」

我が家の12月はなかなかマグナムな年末です。
Img_0226 Img_0234
iPhone 4

23日の天皇誕生日には一升瓶を飲み,本日のクリスマス本番,12月25日には我が社のお店で仕入れたマグナムなシャンパンを45分の間に二人で空けてしまいます。
妻がこのマグナムなボトルを見て,
「飲んでるうちにぬるくならないかしら」
などと心配しましたが,それは杞憂というものです。
冷たいまましっかりと迅速にいただきました。

今夜のメニューは豚肉のロースト。
妻の初めてのレシピでしたが,美味しゅうございました。
800グラムの豚肩ロース肉をしっかりと平らげました。
クリスマスですから。

クリスマスも過ぎた明日はタイ料理の宴が待っています。
僕の大好きなタイ風唐揚げです。

Merry Cristmas !
おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/21

"Top management"

何しろ私はマンションの管理組合の理事長で(別に好き好んでしているわけではない),400戸弱の集合住宅の区分所有者のトップなのですが,それはそれで大変なもので,世の中の縮図をこの集合住宅で感じつつ,高齢化問題やマンションの資産運用,ペットクラブや自治会などとの関係維持など,日々神経を遣っているのです。

で,14階建てのマンションの年一回の共有部分施設見学会を行い,普段は登れない屋上(手摺りがない)に上がり絶景を楽しんだのでした。
多摩川沿いのこの地からは,東京タワーもスカイツリーも見えます。
高いところから失礼する多摩川もなかなか綺麗なものです。
(写真は全てiPhone 4)
Img_0207 Img_0211

例によって iPhone アプリで「本城直季風」写真を造作し,もう一枚は屋上でたむろる理事たちをモノクロで収めました。
Img_0214 Img_0215_2

そしてこの日はその理事会の忘年懇親会があり,私はべろべろになってしまい,妻に呆れられてしまったのでした。
反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/18

「靴好きな夫婦」

もうすぐクリスマスと云うことで(?),今日はラフォーレ六本木で行われていたフェラガモのセールに行って参りました。

妻は3足,私は1足,靴を購入しました。
私の靴は下の写真(妻はそのうち自分でアップするでしょう)ですが,約40%オフッ!
Img_0201
iPhone 4 + Polarize

夏にもフェラガモのセールがあって,その時は妻にボルドーっぽい茶のローファーを買っていただきましたが,これが履きやすく,また履くにつれて出来る皺が格好良いのですが,今度買った靴もなかなか素敵だと思うのです。

普段は Bass のローファーで気を遣わずに過ごし,ちょっと気合いを入れたい時などは FERRAGAMO (何故か靴底には大文字のロゴですね)で勝負に出るようにしたいと思います。

しかしこうして我が家には靴が増え続けるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/12

"20101212"

"Happy birthday dear my wife" でございます。
Img_0154(数々のワインを前に喜ぶ妻)

誕生日というのは「何歳になった」というのを祝うのでしょうが,女性にとっては年を経るのは楽しくないみたいで,あまのじゃくの僕の妻でさえ世の女性と同じように楽しくないみたいでございます。

金曜は前々夜祭と言うことで,外苑前のイタリア料理店「リストランテ・ホンダ」でお祝いいたしました。
Img_0158 Img_0160


「歳を重ねたこと」を祝うだけでなく,いままで無事に過ごせたこと,今年の誕生日も平和で仲の良い夫婦でいられることを祝いたいものです。
そしてさらにその源までさかのぼって,1975年のこの日に妻が生まれたからこそ,こうして今日も美味しいご飯を二人で食べられることこそをお祝いしたいものです。

感謝,感謝。

本番の今夜は,サラダにスモークサーモンとイクラ,キャビア(本物ではなくランプ)に蛸のカルパチオ,そしてパンとチーズをいただきながらシャンパンなどを2本空けました。
Img_0190(写真は全て iPhone 4)

来年はもっと盛り上げるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/04

"calligraphy"

私は写真が好きですが,写真は巧くても下手でも「級」や「段」や「師範」とかのランクがなくて良いと思います。が,一方で「写真,どのぐらい上手いんですか ?」と聞かれても答えようがないのが自信がつかないところです。
Nikon AF600 QD - Nikon mini, Kodak GA100 (panorama)
00540012

今日は,昔の同僚が書道の師範のお免状をいつの間にか取っていて,東京書作展に入選して展示をしていたので観に行きました。

友人の作品を見つつ解説を聞き,そしてその他の作品を見て廻りましたが,なかなか面白いものでした。雅号を持つのに40万円ほどもかかったというのが,今日一番のショッキングな話でしたが。

うちの無敵の妻などは「あー,これは私より下手」とかなんとか宣い,小声で周りの目耳を気にしつつ二人で鑑賞しましたが,私も同意します。
なんと読めばよいのか分からないものも多いのですが,小説のくだりや,歌詞の一部を書いたものも展示してあり当たり前ながら,題材を選ぶ楽しみもあるのだなぁ,と思ったのでした。

ちなみに友人の書いたのは「悲陳陶」という杜甫の詩で,とても哀しいものらしいです。
何故?なにかあったのか?

来年の正月は,ふたりで書き初めをしようかと話し合っています。
何を書こうかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/01

B面好きな妻 (おんな)

妻(↓)が生まれた1975年は昭和50年。僕は13歳,中学1年生でした。
Nikon AF600 QD - Nikon mini, Kodak GA100 (panorama)
00540009

その頃の僕は今の妻と出会うなどとはもちろん夢にも思っていませんでしたが,13歳のまだ第二次性徴期のサナギのような美少年だった岐阜県のとある街のその少年は,未来の妻がまさに生まれたホヤホヤの1975年12月の晦日に近付く冬休み,同級生の家のFM放送の年末特集番組で,1970年に解散した The Beatles の特集を聴いていたのでした。
多分昭和50年の年末にそれまでの10年間の音楽シーンを特集したような無理矢理な番組で「まぁ,解散したビートルズでも流しとけ」みたいなものだったとは今になって思うのですが,The Carpentars とかのリアルタイムなものではない,既に解散していたひと世代上のバンドを背伸びして聴き,殆ど初めて触れる洋楽に胸躍らせていたのだと思います。

そしてその35年後の2010年の12月,1975年に生まれた妻とキムチ鍋を食べた後にビートルズを聴いていたら,妻が 「アイ・アム・ザ・ウォルラス("I Am the Walrus")」が好き,などと言うのです。
???,なに,それ ?

はぁ,なるほど,"Hello Goodbye" のB面(アルバム,Magical Mystery Tourに収録)ね。

妻はB面が好きなタイプのひとみたいです。
ひょっとして,その妻と一緒にいる僕も B面なのか ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »