« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010/02/28

「箱入り娘」

箱に入ったブリジッド・ジョーンズのように太ったBB。
Img_4610
Canon EOS Kiss X2 ISO1600

ネット通販で本やお酒や洋服(これはおもに妻)をクリック購買しますと,配達の際には当然ちゃんと梱包した状態で商品が配達されます。
楽しみな中身にご対面するために我々が荷を解きその品物を嬉々として確認していると,BBたちは人間が興味を無くした空き段ボール箱にとりあえず飛び込みます。

我々が好きな OKストア=サガン店で一週間分の買い物を終え,ふたりの日常の足であるスーパーカブで自宅に着き,OKに置いてある一番大きな空き箱であるバナナの段ボールに詰めて運んだ食用品や日用雑貨などの荷を解いて冷蔵庫やストッカーに入れ込もうとしているその時にも,BBたちはバナナ段ボール箱が空くのを心待ちにしています。


そういえば,目脂で目が潰れそうな幼児のゲンスを拾ってきて,取りあえずの場所にと用意をしたハウスは,OKストアから持ち帰ったバナナの空き段ボールでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/15

「君の朝」

妻に抱かれるゲンスブール。
可愛いと言えなくも無い彼は・・・,
Img_4518

暴れん坊の乱暴者で落ち着きがなく,寂しがり屋で体臭が濃いヤツです。

早起きのゲンスブールは朝の6時過ぎ(時々5時半ぐらい)には「ニャースカ,ミャースカ」と起床の雄叫び狂いの奇声を上げ,妻を起こさぬように彼を鎮めようと仕方なく起きた僕が,ちょっと個室で溜まった用を足そうとすると,また「ニャースカ,ミャースカ」叫び,気を引こうとするのです。

もっとオトナな猫になったら,僕たちにももう少しは穏やかな朝が訪れるのでしょうか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/12

"BB, 2009"

1年前の君はもう少しスリムだったかと思って写真を探ったら,やっぱりあまり変わらなかったね。
Img_1307
Canon EOS Kiss X2 ISO1600

「14日間のビオチャレンジ(ダノン)」をしている君ですが,やっぱり何も関係ないよね。・・・残念。

ゲンスの方が黒いだけあってもう少し締まってるよね。


今日は妻からチョコレートとシャツのプレゼントをいただきました。
チョコ,美味しゅうございました。
シャツ,とても気に入りました。

有り難う。

夕食後,妻はネットで靴を買ってらっしゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/11

「大統領のシャンパン」

Img_4504
Canon EOS Kiss X2, EF 50mm/f1.8, ISO1600

おフランスの前大統領,ジャック・シラクが愛し,彼が主催した公式晩餐会などで供されたというシャンパン,"Christian SENEZ" を飲んでみました。
シラク(何故か呼び捨て)が来日したときなどには,このシャンパンを日本に持ち込んだと言うことらしいです。

今夜のメイン料理である妻の十八番,パエージャが出来上がるのを待つあいだ,生ハムとチーズと共にいただきました。

お酒好きの我が家には赤・白・ロゼの葡萄酒,白・ロゼのスパークリングワイン各種,ウオツカ,ラム酒などが備蓄されていますが,やはりここぞと言うときはシャンパンですね。

なにしろ妻シャンパンはもとよりスパークリングワインが大好きで,ちょっと元気を出したい時や,なかなか上手く計画された西洋料理系の夕食時などに,
「今夜は泡にしようか」と言うと,
「うんっ!」って笑顔で元気な返事をするのです。

今度ふたりで,ちょっと贅沢なシャンパングラスを買いに行こうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/09

"Just the Two of Us"

バブルな時期に社会人生活をスタートし「新人類」とか「バブル世代」言われた僕ももうすぐ50歳に近付きつつあります。
そんな僕たちは「クリスタル」な世代でもありました。

"Just the Two of Us"(邦題:『クリスタルの恋人たち』)は,グローヴァー・ワシントン・ジュニアが1980年に発表したアルバムWinelightに収録された楽曲で,彼の最大のヒット曲である。ビル・ウィザース,ウィリアム・サルター,ラルフ・マクドナルドによる作詞・作曲(Wikipediaより)。

写真はイメージです。
Img_4378
Canon EOS Kiss X2 EF-S 18-55mm

妻とのジェネレーションギャップを埋める努力こそが,僕の毎日の元気の素でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/07

「差別」

Img_4479
Canon EOS Kiss X2 EF-S 18-55mm, ISO 1600

猫が2匹になると必ず依怙贔屓してしまうと思っていました。
BBはやはり我が家の猫第1号なので無条件に愛らしいのですが,ゲンスはなかなかそうはいきませんでした。

これは僕の依怙贔屓に関する原体験が原因です。
こないだ僕の父の命日だったのですが,この父は彼の子供である僕と二つ下の妹のふたりに対してあからさまな依怙贔屓をしたのでした。
普通,男親にとっては娘が可愛いのでしょうが,彼は可愛い妹よりも長男の僕を依怙贔屓したのです。
僕から見ても妹が可哀相でした。

そんな僕も今は可愛い猫2匹の飼い主です。
出来れば平等に無条件の愛を与えたい。
そう思っています。

でも最近のゲンスは,なかなかこれでも可愛いんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/01

ワークライフバランス

「従業員満足度向上に向けたコミュニケーションの円滑化」を目的として,会社のイントラネットで事業部のブログを開設することになり,その書き込みのトップバッターに選ばれてしまいました。

自分のブログでさえ時々ネタに苦労するというのに,会社という「公」の場で「仕事のあれこれや自己紹介,趣味の披露」をしなければなりません。
趣旨は理解しているし,管理職として率先して盛り上げなければならないところが辛い,というか,何を書いたら良いのか迷うところです。

公私の区別が進んだ世の中になりつつあると思っていたのですが,社業発展と個人の幸せは隣り合わせです。
精神の「ワークライフバランス」にはなかなか課題がつきまといます。

Diana2
Diana+

会社の周辺でも写真を撮ってしまうから,それだけでもう公私の区別は付いていないのかも知れませんでしたぁっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »