« 親指の腹が痛い | トップページ | 酉の市 »

2008/10/09

"chance-driven technique"

「偶然の産物」です。
21030005
KODAK 100UC

9月初めに行ったドイツの研修は,ご覧のようなお城で行われました。
Düsseldorf から車で1時間弱の,周りに何もない場所の古城です。

最終日の朝,お城の敷地内を散歩しながら BESSA-R で1-2枚撮ったのですが,電池が切れていて露出計が作動せず,せっかくの旅先なので巻き戻して ESPiO に入れ直したのです。

フィルムの巻き込みが逆なので,2台のカメラを跨いだ多重露光となって,こんな偶然の絵になりました。

|

« 親指の腹が痛い | トップページ | 酉の市 »

journal」カテゴリの記事

PENTAX ESPiO mini」カテゴリの記事

Voigtländer BESSA-R」カテゴリの記事

voyage」カテゴリの記事

コメント

うわぁー!!
偶然の産物!すごいです。
まるでトリックアートみたいですよ☆
それにしてもこんな素敵なお城で研修だなんて!!!すばらしすぎます(≧▽≦)☆

↓BBチャン・・かわいいです★

投稿: トミー | 2008/10/10 16:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1085322/24388545

この記事へのトラックバック一覧です: "chance-driven technique":

« 親指の腹が痛い | トップページ | 酉の市 »