« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008/08/20

Blog 引っ越します。

試行錯誤中ですが,新しい場所にBlogを移しました。
Hb8
HASSELBLAD 503CX FUJI PRO 400H

こっちの消えた写真は少しずつ元に戻し,新しい方にリンクを貼るつもりです。

本当の引っ越し(住まいの)は今月末で,今週金曜に "888-888"から段ボールが届きます。
少し忙しくなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/13

すみません。

ブログの引っ越しも考えていろいろ試行錯誤中です。
少し待ってください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/08/12

"FOCUS"

Canon EOS Kiss X2 (PENTAX Super-Takumar 55mm/1.8)
ISO 100設定です。

Img_0609
分かってるんです。
花の写真を撮るときは花弁にしっかりピントを持ってくるのは。

Img_0561
分かってるんです。
実にピントを合わせたかったのですが,周りの葉っぱにピントが来てしまったのは。

ということで,自己責任でフォーカシングスクリーンを交換することにしました。
マニュアルフォーカスだと,EOS Kiss のスクリーンはピント合わせが大変なんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/08/11

「野良猫ロック」

このところ,ブログのタイトルを,昔のバンドや曲目,映画のタイトルなんぞにしています。

*タイトルと写真は関係ありません。
Img_0600
Canon EOS Kiss X2 (PENTAX Super-Takumar 55mm/1.8)
ISO 100設定です。

僕の妻の実家には立派なお犬様がいらっしゃいますが,彼女自身はどちらかというと猫派だと思います。
というか完全な「猫人間」です。

僕は,そんな彼女に,一生従いていこうと思うのです・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/10

"stray cats"

すぐ近くの児童公園にいる "stray cat" の「猫次郎」です。

HASSELBLAD 503CX (+ Planner 80mm x FUJI PRO 400H)
Hb12

80年代に "Stray Cats" というバンドがいたのをご存知でしょうか・・・。
ギター(兼ヴォーカル),ベース(それもアップライト),ドラムスの3人だけのシンプルなロックバンドでした。
前身は "Tomcats" (日本のTOM*CAT とは違います) だったし,ドラムスのなんとかは "13 cats" というバンドでも活躍していました。
ロッカーでも猫が好きなんですね,きっと。


今のマンションから歩いて10分ほどのところに見つけたマンションに,今月末に引っ越します。
今度は「ペット可」で,5階の部屋のベランダからは多摩川が近くに見えて,マンションから出たらすぐに河原の土手に出られます。
通勤に使う駅も普段の買い物をする八百屋さんやスーパーも同じで,きっと妻も満足していると思います。

なにより念願の猫のいる生活が送れるのです。
パリとノルマンディーで過ごす 9月の旅行が済んだら,僕たちのパートナーになってくれる猫探しです。

ただ・・・,今のマンションの近くにいる野良達と少し離れるのが残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/09

"just the two of us"

昨日のブログにコメントを寄せていただいた方々,有り難うございます。

青梅の「妻」の実家の庭の小さな花の写真です。
青梅のご両親のご理解も,とても有り難く思っています。
00400015
OLYMPUS PEN-FT (+E. Zuiko 100mm f3.5 x FUJI 400) です。

ふたりとも健康で,いつまでも仲良くしたいと思っています。

今日は夕方少しだけ涼しかったので,多摩川縁を歩いてから猫のいる公園をはしごしました。
00400042_2 00400046_3
OLYMPUS PEN-FT (+Zuiko 38mm f1.8 x FUJI 400)

川上に向かって歩いたらすぐに汗ばむぐらい暑かったのですが,折り返して逆に歩いたら,少しだけ川傍の涼しい風を感じました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

僕の妻 (=femme fatale)

昨日まで,一緒に棲んでいる大好きなひとを「彼女」と書いていましたが,今日から「妻」になっていただきました。
00400024
OLYMPUS PEN-FT FUJI 400

こんな真夏に婚姻届を出すカップルはいないかと思ったのですが,この8月8日に届けを出しに来たカップルが少し多かったのにはビックリしました。
中には,区役所内で記念写真を撮っていた(区役所職員にシャッターをお願いしてた)ひと達もいました。

また新しい記念日が出来て,そして,新しいスタートが出来て幸せでございます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/08/07

「盆,Bon,ぼん,ボンじゃございませんか!」

96310039
ASAHI PENTAX SPF (+ aus Jena T2.8/50mm, KODAK 160VC)

もうすぐ「お盆」ですね。
僕の会社で盆休みのことを外国人と話すときには,"O-Bon period" とか言っています。
西洋ではさしずめ "Halloween" がそれに近いのでしょうね。

僕の子供の頃の盆踊りは「オバQ音頭」でしたが,最近は何なんでしょうか・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/08/06

"route 15"

98280006
ちょっとオトコらしい写真を載っけてみます。
KIEV 4a (+ Tessar 2.8/5cm x KODAK 160VC) です。

NISSAN のショールームのウインドウに,第一京浜を走る車と京浜急行の電車が映りました。

バイクや車の写真を撮る男子がたくさんいますが,僕は大学時代からどちらかというと,なんとなく女性的な写真を撮っていたように思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/08/05

我輩は"M" にゃのだ。

OLYMPUS PEN-FT (+Zuiko 38mm f1.8 x FUJI 400)
00400033

(写真と本文は関係ありません)

"M" というと,007のマニアの人はあの "M" を思い浮かべることでしょう。
ある日僕の彼女は,いつも行く近所のクリーニング屋さんの銀髪のおばさんが "007"の "M" に似ていることから,なんと "K" と名付けました。
よく考えたら,「クリーニング」は "C"なのに・・・。
可愛いでしょ?

それはそれとして,こないだ GAP で半ズボン(んーん,ショートパンツが正しいのでしょうか)を買おうとしたら,店員さんがいつもの XLサイズではなくて "M"サイズをお勧めしてくれたのです。
試着したら,なんとウエストは M で OK。
身長 182cm,体重 77.8kg の僕が,"M" ですよ!。

この喜びを誰かに伝えたくて,ここに書いてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/04

"13 years old"

久し振りに,PENTAX ESPIO mini にバッテリーとフィルムを入れてみました。
00330011

00330014
フィルムはフジの業務用 SP100 です。

1995年は,阪神淡路大震災があったり地下鉄サリン事件があったりで大変な年でした。

僕はその時フランス駐在で日本を離れていて,その年のGW明けに帰任したので,あのふたつの大事件を僕は日本で見聞していません。
ただ,「昭和」の最後の年から平成7年まで過ごしたフランスを離れた,個人的にもとても印象に残っている年です。
こうして昭和とか平成とか書いていますが,当時の僕の頭には「西暦」しかなく,今でも「平成XX年」を西暦に変換することが出来ません。
1995年の僕は,まだ33歳でした(あちゃぁー,今の彼女と同じ年だ・・・)。

1994年発売のこのカメラ PENTAX ESPIO mini は,すっかり写真から離れていた当時の僕が,その取り扱い易さに何も考えずに成田かどこかで買った「なんちゃってカメラ」で,長年(13年ですね)放置してありました。
前にカメラ雑誌かなんかを見ていたら,かの植田正治さんが入院中に使用していたカメラだそうで,もしかしたらまだ手元にあるのかも,と思って探してみたら,簡単に見つかったのです。
幸いきちんと電池を抜いてあったので今もちゃんと使えることが分かりました(さすが几帳面なA型です)。

ズームレンズ付きの ESPIO は中古で安く買えるのですが,この少し安っぽい単焦点の 32mmのトリプレットレンズが着いた ESPIO mini は,この時代のコンパクトカメラにしては随分高値が付いているようです。

ちょっと調べたら,当時の販売価格は 38,000円。
単純比較は出来ませんが,今お手軽カメラとして重宝している NATURA CLASSICA が 22,000円ぐらいですから,やはりそんなに安いカメラともいえません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/08/03

インドア派の夏

夏の暑さが苦手なインドア派の僕たちですが,というかインドア派ですから,今日は午前中に区のプールに行って泳いできました。
水泳の後,早めのお昼に熊本ラーメンを食べ,西友で買い物をしてから部屋に戻り,あとはエアコンの効いた部屋でゴロゴロしながら2時間ドラマを眺めるという日曜でした。

実は小中学校と相当の野球少年だったので,野球は嫌いではありませんが,いつの間にか夏の甲子園が始まったというのに,最近は高校野球も見ません。
98280034
KIEV 4a (+ Tessar 2.8/5cm x KODAK 160VC)

イチローの3,000本安打も,清原の今期限りの引退も,甲子園の高校野球も,それぞれニュースとして「すごいなぁ」とか思うのですが,今は何となく野球というものに距離を感じます。
今活躍するプロ野球の選手達も,みんな僕より年下になってしまったから,「憧れ」みたいのがなくなってしまったからかも知れません。

やっぱり作新学院の江川は怪物だったし,中日に入った銚子商業の土屋投手もすごかった。
プロに進まなかった選手もいまだに覚えてます。
東邦高校の坂本くんの人気はアイドル並みだったし,広島商業の佃投手も強く印象に残っています。
やっぱり野球少年だった頃の選手の方が良く憶えているみたいです。

初めて甲子園に高校野球を見に行ったのは,地元の高校がベスト4まで勝ち進んだ1970年の夏でした。
8歳だった僕は野球バカの父親に連れられて,早朝のバスで岐阜から甲子園に日帰りで見に行きました。
翌年ジャイアンツに入団し,その2年後くらいに急死した湯口投手のいた岐阜短大附属高校の試合でした。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008/08/02

"nostalgie"

あちこちで夏祭りがあるようです。
Dscn1029
Nikon CoolPix です。

大森は酉の市もやってますが,夏祭りも盛んみたいです。
僕たちの近所でも最近はあちこちでお祭りになっていて,田舎出身の僕からすると少し淋しげで小規模なお祭りがあちこちであるようです。
少子高齢化ですからね。

僕のような地方出身者からすると,東京はとっても冷たい街だと思っていたし,それが居心地の良さだとも思っていました。
でも,お祭りがそんなに好きではなくても,近所でお祭りをしているということに,なんとなく安心を感じてしまうのは,やっぱり僕が田舎の出だからなのかも知れません。
98890031
PENTAX Zoom 70-R (FUJI s-400) です。

98890027
こんな看板も懐かしいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/01

"telegraph poles & cables"

98260011

98260007
またまた正方形マスクを装着したカメラ (Nikon ZOOM 500AF x FUJI S400) です。

最近は電柱を地下に埋める街が増えてきて,外国のようにすっきりした町並みを目にするようにもなりました。

時々,遠くのものや空にレンズを向ける時,確かに電信柱や電線を邪魔に感じたり,「無粋だなぁ」と思ったりすることもあります。

でも,なんとなくほのぼのとした愛着を感じることがあるのは,やはり電柱や電線を見ながら育ったからかもしれませんね。

小さい頃は木製の電柱の方がたくさんあって,よく登ったりして怒られました。
自転車でぶつかったことも何度かあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »