« 今週末は雨ですね。 | トップページ | デジデジ。 »

2008/05/25

入れるべきか,入れざるべきか。

またまた先週末の写真です。
四つ葉のクローバーを見つけた多摩川べりでのランチの日は,minolta SR-T101 と Minolta AUTOCORD L を持って行ったのですが,これは二眼レフの AUTOCORD で撮った写真です。

Ac10
最初は ISO400の FUJI PRO 400Hで撮りました。

次にリバーサルの RDP III (ISO100)で撮りました。
Ac11

当たり前だけど全然違いますね。
ほぼ同じ陽の光なのに,フィルムの種類,感度,露出の違いでこんなに差が出るのですから。

出来上がりが違うと,パーフォレーションの黒枠を入れるかどうかの気分も違います。
カラーのリバーサルでアンダー目で撮ったときは黒枠が似合うような気がするし,モノクロの時もそんな気がします。

スキャンで取り込むときは,その日の気分やカットを見て枠を入れたり入れなかったりしますが,自分でモノクロプリントをしていた若い頃は,意識して(または決め事として)全部のプリントに黒枠を入れていました。

トリミングをしない。即ち「シャッターを切る時にフレーミングは完成させる」という傲慢な意気込みがあったのですよ。
あー,思い出したら恥ずかしくなってきました・・・。

でも写真家の金村修さんは,「むやみに黒枠を出さない方が良い。黒枠を出すと写真っぽくなり過ぎる」と言っていたそうです。

確かに,黒枠を入れると写真が締まるような気がして,安易に入れたりしてしまうような気もしています。

|

« 今週末は雨ですね。 | トップページ | デジデジ。 »

about camera & photography」カテゴリの記事

journal」カテゴリの記事

Minolta AUTOCORD L」カテゴリの記事

コメント

黒い枠が入ってる写真、かっこいいです~。^^(そんな技を持っていない私からすれば、うらやましいです。)
トリミングもしきはんさんが「撮った後、どう切り取るか、それもその人のセンスだからいいんだ」とお話されていたので、そっか~と納得したことがあります。

いつか、、私も金村修さんに叱られたい、、、怖い。^^;

投稿: にゃみにゃみ | 2008/05/25 17:28

にゃみにゃみさん,
有り難うございます。

トリミングの楽しさもありますよね。
だから写真は,プロセスの芸術なのかも知れません。

トリミングが楽しくなると,シャッターを押すときが鈍感になるし,シャッターを切るときにフレーミングに拘りすぎると狭量になって楽しさがなくなるし・・・。

出来上がりを目指すときのセンスを,どの過程に持って行くかが重要なんでしょうね。

投稿: ヨシヲ | 2008/05/25 21:05

一枚目の写真、すごく雰囲気がありますね!
走っている2人の野球少年が素敵です♪
ぼんやりと見える雲も好き(≧▽≦)

投稿: トミー | 2008/05/26 18:22

トミーさん,
有難うございます!

空や雲の表情が,フィルムや露出でぜんぜん違ってきます。
それぞれ違う雰囲気を,意図して撮影できたら良いのですが・・・。

投稿: ヨシヲ | 2008/05/27 16:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1085322/23483936

この記事へのトラックバック一覧です: 入れるべきか,入れざるべきか。:

« 今週末は雨ですね。 | トップページ | デジデジ。 »