« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005/06/21

失業中にした事 - 失業最終日

失業中にした事を思い出してみた。

退職金で,クレジットで飲み過ぎた分その他を全部(約30万円)支払った。
カード支払いが身軽になったことを良いことに,また無駄遣いを始めた。

トイカメラ(LOMO LC-A,fisheye,HOLGA120SFN,sister HOLGA)を買って,やたらめったら写真を撮ったが,失敗作も多かった。
あと2-3日で,鈴木商店からSMENA 8M(銀プレート 速写ケース付)がやって来る。
Toy Camera(s)地獄に堕ちていく・・・。
レンジファインダー式カメラ(BESSA-R)を買った。散歩写真を撮った。
ちゃんと作った写真も撮ってみようと思ってます。
LEICAのレンズを買うような気がしてきた。アブナイ。

ギターの弦を張り替えた。

Air Macを付けてインターネットを無線にした。
iBook G4(800M)をおシャカにした。
iBook G4(1.2G)を新品で買った。そしたら前のiBookが蘇った。
メモリも増設した(非常に快適だ)。
iMac DV400にCD約400枚を全部コピーした。In-House JUKEBOXになった。

本棚の整理をした。読まずに放っておいた本を読んだ。
「刑事コロンボ」出版済み全作品を読み返した。
官能小説も少し読んだ。

平日のTV番組を楽しんだ(特に2時間サスペンス)。
深夜TV番組をたくさん観た。時々外が明るくなってきていた。

プロ野球セ・パ交流戦(横浜VS日本ハム)を見た。
SHINJO(新庄)は,カッコよかった。

修士論文に手をつけ始めた。
まだまだ先は長い。が,締め切りは近い。

SAAB900SE(1993年式)を洗ってあげた。ピカピカになって塗装の良さに感心した。
ウィンドウォッシャーのホースが熱で焼き切れていた。
油も少し漏れている。が,これはあまり心配ない。

55人の人材コンサルタント,ヘッドハンターと会った。
15社の面接を受けた。

毎日mixiをチェックした。

明日(今日)から,新しい会社での仕事が始まる。
万年筆の手入れをした。
MUJIでペンケースを買った。
横浜高島屋の文具売場で万年筆2本(Pilot Petit 1,黒+赤)を買った。
ブリーフケースに入れるものを準備するだけで楽しい。

仕事があることをこれほど感謝したことは,ない。
でも,すぐに週末だ。なんか嬉しい。
可愛い子,いるかな,新しい会社・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!就職内定

2月に会社を辞めてから4ヶ月あまり。やっと次の会社が決まった。
正直ホッとしている。

初めて次の転職先を決めずに退社したため,社会人になって20年目にして職業安定所(ハローワークなんて,なんか変な言葉だと思う)に顔を出し,「雇用保険払ってんだから文句あんのかよ!」と内心思いながらも少し卑屈な時間を過ごした。別に職安に紹介してもらおうなんて思ってなかったのに。

あとびっくりしたのは,民間の人材紹介会社の多さ。多分すでに供給過剰になってると思う。
それと,インターネットを使った求人検索サイトも随分増えていて,便利になった点は多いが,増殖した紹介会社の多さとそのサービスの質のばらつきのせいで,利用者にとって適正な状態とは決して思えなかった。
同じ求人案件が違うサイトに掲載されているばかりでなく,同じ案件を複数の人材紹介会社が出していて,その殆どが匿名(企業名が)なため,利用者にとっては分かりづらい。

そんな状態だものだから,例えばある案件に応募するにしても,どのサイトを使ったかによって仲介に入る人材紹介会社が違って,その案件を担当するコンサルタントの質(サービス)によって選考の進捗や採用の可否に大きく影響する。
もちろん,求人企業との面接が自分にとっての「本番」なのだが,紹介会社を通す場合は,まずそこに所属するコンサルタントと面談して,求人内容と求職者とのマッチングを探る。そのうえでレジュメを先方(求人企業)に提出するわけだが,なかには事前のコンサルティングを疎かにしたり,求人企業へのアピール(推薦)が下手だったり,適切な情報を与えてくれなかったりするコンサルタントもいて,そんなのに当たったら不幸だ。
レジュメを送って応募したつもりになっていても,コンサルタントが積極的に動いていなかったりするのはざらで,さらに困ったのは,途中経過の連絡をしないコンサルタントが多く,選考がどうなってるのかが分からない状態に陥った事もあった。
おかげで求職活動2ヶ月目頃には,どの会社にどの人材紹介会社を通して応募してるのかが曖昧になってしまった。

つい最近まで,「いっそのことオレが人材紹介会社のコンサルタントかヘッドハンターになってやろうか」と真剣に考え始めたりもした。
就職が決まらなかったからだけど・・・。

まぁいろいろ不安になったけど,とにかくひと安心。ちょっとした「ロングバケーション」と思う事にしました。
出社日まであとちょうど10日間。不安がひとつ減ったので,残り少ない休暇をのんびり楽しむ事にします。

これからは,無謀な退職はやめよう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/06/14

"Toy Cameras"

土曜に青山ブックセンターまで出掛けた。発売された"LOMO fisheye"を買うためだ。

PICT0002これは,僕の「トイカメラコレクション」なのだ。
こないだ買ったHOLGAの他に,随分前に買った"sister HOLGA",ポラロイドの"ヒッパレ"に,今回購入した"LOMO fisheye"の記念写真である。

これからこのラインナップで「ゆるぅーい」写真を撮ろうと思うわけです。

Save0002_1ピントが甘くて,被写体探しが下手で,どうしようもないですが,フレーミングを考えるひとときが好きで写真を撮っています。ファインダーや想像する出来上がりから「引き算していく作業」が好きです。

何でもないものを「ポートレート」する作業が好きだったりします。

Save0001でもやっぱりピント合わせが下手なので,ピント∞の写真が一番好きです。
レンズも広角が好きで,昔,女の子のポートレートを広角で寄って撮って,少し顔が大きくなって先輩に貶されました。今なら結構イケてると思いますが・・・。

要するに,怠け者のこんな写真が限界です。
大学の諸先輩の当時の写真が,未だにプロのように思い出されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/09

「夢」

人生が何となく巧くいっている時 (仕事も,そしてわがままな私生活も),よく,崖から落ちたり屋上から足を踏み外したりするを何度も見た。

今はそんな夢を見ないけれども,ベランダから地上を見て,そんな夢を見たことを思い出している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/08

スター "SHINJO"

050607_165001横浜スタジアムまで出掛け,プロ野球セ・パ交流戦,「北海日本ハムファイターズ x 横浜ベイスターズ戦」を観戦した。
18時試合開始だが17時頃には入場し,試合前の練習から眺める。
内野席のネットが無くなっていて,メジャーリーグのような臨場感がある。仙台の楽天の本拠地球場の改装の際にネットが無くなるとは聞いていたが,横浜スタジアムもこっそりやっていました。
ベイスターズの着ぐるみマスコット「ホッシーナ」とも握手できるのである。
ファウルボールに緊張しつつ,最前列でさきいかとワインを楽しみながらの,快適な夕涼み観戦でした。

メジャーリーグの試合を見たことがあります。
wrigleyfieldfront21995年春,野茂がメジャーリーグデビューした年に僕のフランス駐在が終わり,日本へ帰国する途中にシカゴに住む友人を訪ねた時にふと思い立って,ひとりでシカゴカブス(Chicago CUBS)の本拠地球場リグレーフィールド(Wrigley Field)で対フィリーズ(Philadelphia PHILLIES)戦を見ました。
リグレーフィールドは「全米一美しい野球場」と言われていたが,本当にその通りでした。
街中の球場は思ったより小さく収容人数も少なめ(38,000人ぐらい)で,外野席が非常に浅いが,グラウンドの芝は美しくフェンスには蔦が覆い茂っている。スコアボードは手書きで目障りな広告はほとんど無かった。日本の殆どの球場が人工芝だが,アメリカの球場の天然芝は本当に美しかった。

北海道日本ハムファイターズにはメジャー帰りのスター"SHINJO"がいる。
今日は4タコだったが,試合前の練習にも姿を見せず,ファイターズが守備につく際には,一番最後に勿体つけて登場していたが,文句を言わせない"華"があった。

PICT0005しかし,スコアボードを見て違和感があった。
何故"SHINJO"がアルファベットで,本当の外国人選手SEGUIGNOLが"セギノール"なのだろう?
カタカナだと,殺虫剤か便秘薬みたいである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/06

HOLGA買っちゃいました。

Holga『中国四千年の開き直り』などという反日運動が起きそうなキャッチコピーを持つ偉大なトイ・カメラ "HOLGA"を買った。
HOLGA120SFという,Polaroidが販売しているパッケージで,裏蓋を同梱のポラロイドホルダーに換えればポラロイド80シリーズフィルムが使えるのだ。

ブローニーの写真を撮るのも久し振り(というか学生以来だから20年以上ぶり)で,購入するのは初めてだ。先輩やバイト先のスタジオのプロ用機材を使わせてもらったことがあるので,4x5やブローニーもひと通り簡単な知識はあるけど,自分のカメラともなると,この中国製トイ・カメラでも嬉しいものだ。それに,なんといっても「軽い」。

大学時代は写真部所属で,ピントの甘い写真を撮っては例会で部員に貶されていた。ピン甘を誤魔化すために,結局,ポートレート以外でも紗をかけて撮って,市販のソフトフォーカスから自作のパンストフィルターなど数多くの秘密兵器を持ち歩いていた。パンスト穿いてる女子大生なんて少なかった時代だったけど,どうやってパンストを手に入れていたのだろう?盗んだ記憶はないのだが,何故かしまい込んであるカメラバッグには,黒からいくつかのトーンの肌色パンストまで数多くのパンストフィルターが残っている。

いずれにしてもHOLGAなら安心。多分誰がとってもピントが甘くなる。言い訳はこの「中国四千年の開き直り」が引き受けてくれる。

Holga-Hoppy今日は携帯で撮ったマイHOLGAをアップしますが,そのうちHOLGA作品を載っけることにいたします。

今日はHOLGAを買った後に散髪を済ませ,少し軽くなった気分の公園の散歩道で数ショット撮りました。久し振りの買い物で今日はHappy。
今夜はHoppyで一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »